MENU

男性の不妊症の原因と症状

 

不妊と聞くと、どうしても女性をイメージしがちだと思います。
ですが、男性不妊という場合もあるという事をご存知でしょうか。

 

不妊に悩む夫婦のうち、4割が奥さんに要因があるとされ、4割が旦那さんに要因があるとされています。
つまり、女性・男性どちらにも、不妊となる要因がある可能性が高いのです。

 

では、男性不妊の原因と、その症状についてご紹介していこうと思います。

 

 

◆男性不妊の原因って何なの?

 

男性不妊の原因としては、以下のようなものがあります。

 

+男性不妊の原因+

・先天性のもの
・後天性のもの

 

 

>>先天性のものの場合

先天性の原因の場合には、遺伝的な要因や、発育の段階に受けた影響などから、
性機能不全となってしまうものです。

 

性的欲求・興奮などが、欠如してしまうような状態が、性機能不全です。
よく知られているところで言えば、EDや早漏・遅漏といったようなものがそれにあたります。

 

>>後天性のものの場合

後天性の原因の場合には、遺伝的要素や発育段階の影響などとは異なり、
アルコールや喫煙、ストレス、糖尿病、薬の影響、精巣の機能障害、射精のトラブルなどがあります。

 

 

◆男性不妊は、こんな症状(状態)を指します

 

上記のような原因が考えられる場合でも、男性不妊かどうかという点については、
しっかりと病院で検査を受ける必要があります。

 

男性不妊の検査では、精子の量や数、運動量などの検査に加え、
精巣の機能についての検査や、精巣の容積などの検査も行われます

 

これらの検査を行った結果、男性不妊と診断される症状(状態)としては、以下のようなものがあります。

 

+造精機能障害+

・無精子症
・乏精子症
・精子無力症

 

造精機能障害というのは、男性不妊の原因のほとんどを占めているとされるものです。
精子を作っていく機能に問題があるために、精子を作る事が難しくなっているという状態を指します。

 

 

◎無精子症

無精子症というのは、その名の通り、精液の中に精子が全く存在していない状態です。
つまり、ただ精液が出るというだけで、精子は含まれて居ないために、妊娠には繋がらないのです。

 

◎乏精子症

精液の中に精子は存在しているけれど、その数がとても少ないという状態です。
精子の数が少ないとなると、妊娠までの過程で卵子まで到達することが出来る精子が居なくなる可能性があります。
そのため、妊娠には繋がりづらいということなのです。

 

◎精子無力症

そして、精子無力症というのは、精液の中に精子の数は正常に存在しているものの、
その精子自体の運動量が少ない・悪いという状態となります。
精子の運動量が少ないと、妊娠に繋げていく事は難しくなってしまいます

 

 

このように、男性不妊の原因としてとても大きなウエイトを占めているのが、
この造精機能障害なのです。

 

このような事以外にも、喫煙などが原因となり精子の数が減少してしまったり、
奇形の精子が出来てしまうなど、妊娠へと繋がりづらい状況を自ら作り出している可能性があります

 

奥さんの妊娠を望むのであれば、まずは自分の生活習慣を見直してみる
という事もとても大切だと言えます。