MENU

 

 

私はホルモンバランスが悪いため、排卵誘発剤を使わないとなかなか排卵することができません。
クロミッドなどの飲み薬では効果がなく、排卵誘発の注射を使用しています。
様々な種類の注射を使っていたので、その違いや私なりに感じた効果や副作用についてお話したいと思います。

 

 

排卵誘発剤

まず排卵誘発剤について。
排卵誘発剤の注射は大きく分けてhMG注射、hCG注射があります。
ここではhMG注射について説明します。

 

・hMG注射
hMG注射の成分はhMG(ヒト閉経ゴナドトロピン)で卵巣を刺激して卵胞を育てる働きがある薬です。
排卵前の低温期に卵胞の発育を見ながら注射します。卵胞の大きさをエコーで確認して成熟した卵胞になれば排卵を促すHCG注射をして排卵させます。この方法をHMG-HCG療法(ゴナドトロピン療法)と言います。

 

閉経期の女性では、卵巣機能の低下にともない下垂体からのFSHとLHの分泌が上昇します。これらのホルモンは尿中に多く排泄されるため、この尿を回収してFSHとLH成分を抽出精製した製剤が「hMG製剤」で、hMGは尿由来のFSHとLHが混在した製剤になります。
hMG製剤には、含有するFSHとLH成分の比率により、いくつかの種類があります。hMG製剤はこれらのうちLH成分を比較的多く含むものの総称で、これに対してLH成分を含まないものを「FSH製剤」といいます。
FSH製剤は卵胞発育に関わるFSHだけを遺伝子組み換え技術で抽出し、製剤化したものになります。
フォリスチムって何!?

 

 

フォリスチムは人の尿を原料とせず、遺伝子組換えによって製造されたFSH製剤で尿を原料としないため不純物がなく品質が安定しているのが特徴です。
フォリスチムは排卵誘発の注射の中で唯一自己注射ができるものです。

 

正式名はフォリスチムペン。
薬剤が入ったカートリッジをペン型の注入器にセットして指示された量を注射します。
注入器の上部にカチカチっと回す目盛りがあるので、目盛りを合わせるだけで必要量が出るので簡単です。
使い方は皮膚をアルコール綿で消毒し、新しい針をつけて目盛りを合わせて注射。
針を外してアルコール綿で先端を拭いて終了です。
カートリッジは薬液を使い切るまでセットしたまま冷蔵庫で保管できます。
薬液がなくなれば新しいカートリッジに交換するので無駄はありません。
注射をする場所はお腹や太もも、お尻などにするみたいですが、私はおへその下あたりのお腹にしていました。
針は細めのものなので、ほとんど血は出ませんし痛みもあまり感じません。

 

副作用は大きなものはありませんでしたが、毎日注射をしていると、場所を少しずつ変えていても青あざのようになったり、押すと少し痛みがありました。
また自己注射ができるので病院に行かなくてもいいのはメリットですが、病院で打ってもらう注射よりも値段が高いのがデメリットです。

 

効果としては私には合っていたようで、他の注射だとなかなかうまくいかなかったのが排卵可能な卵胞が育つことが増えました。

 

 

hMG製剤について。
卵胞の成熟にはFSHとLHの両方が必要です。主席卵胞が選ばれる7日目頃まではFSHが高く、その後減少していき、LHは逆にこの時期までは低く、7日目頃を過ぎると徐々に高くなって行きます。
一般的排卵誘発の力はhMG製剤方が強いです。しかし過剰刺激が予想されたり、hMGで妊娠しない場合FSH比重高い製剤を使用して、その後卵胞が充分に発育したあと成熟を促がす時にhMG製剤が使われる場合もあります。

 

私が使用したhMG注射のFSH:LHの割合
・hMGテイゾー
FSH:LHの割合が1:1
・hMG「F」
FSH:LHの割合が1:0.333
・hMGコーワ
FSH:LHの割合が1:<0.05

 

私の場合はhMG注射の量が少ないと卵胞は育たず、量を増やすと過剰に卵胞ができすぎてうまくいきませんでした。
特にhMGテイゾーは過剰刺激になってしまうことが多かったです。
hMG「F」とフォリスチムの併用をするとうまくいくことがあったため、初めにフォリスチムを注射して、主席卵胞が育ったらhMG「F」に切り替えて熟成させる方法をしています。

 

hMG注射の方が効果が強いため、私はhMG注射をすると多数の卵胞が育ち、卵巣が腫れたり、腹水が溜まってお腹がパンパンになったりズキズキずんずんとした痛みを感じました。(OHSS)
またhMG注射は筋肉注射なので注射しているときはもちろん、注射後患部をよく揉んでもかなり痛かったです。
お尻に打つと座るのも痛いくらい、腕に打つと腕が上がらないくらい痛く、毎日続くとあざのようになりました。
また毎日病院に行かなくてはいけないので、大変です。

 

 

私の経験としては排卵誘発の注射は人によって合う合わないがありますが、同じ人でも体調や周期によって効果に差があるためその周期でどうなるかは試してみないとわからないというのが正直な感想です。
しかし、2人目の妊活になると上の子供がいるため毎日病院に行くのは難しいので、自己注射ができるフォリスチムは高くてもかなりメリットがあると感じています。