MENU

不妊は8割治る!二人目不妊も諦めなければ治ります

 

二人目不妊という現実を突きつけられた時、
今後どのようにしていくのかを話し合う夫婦が多いと思います。

 

二人目を諦めるのか、それとも不妊治療を行うのか・・・
一人目は早々に授かる事が出来たために、何を話し合えばいいのか見当もつかないかもしれません。

 

実はこの二人目不妊、体外受精などを行わずとも、
一般不妊治療によって、約8割のカップルが妊娠に成功しているとされているのです。

 

ここでは、意外と知られていない真実として、不妊治療についてご説明していきます。

 

 

◆二人目不妊かも?

 

まず、一人目は何の問題もなくすぐに授かることが出来たのに、
二人目はどうしてもなかなか授かることが出来ないという場合、二人目不妊の疑いがあります。

 

 

○不妊の検査へいく!

 

「これは二人目不妊だ・・・」と、自分の中で決め付けてしまい
そのことが大きなストレスへとつながり、さらに妊娠しづらい状態になってしまうことがあります。

 

確定していない事について悩むのではなく、まずは不妊検査を行っているクリニック等を探し
受診してみることが大切になります。

 

一人目のこどもを連れて行かなくてはならない場合には、
こどもを預けるところがあるか、こどもを連れて行けるクリニックかどうかなど、
事前にしっかり確認しておくことも大切になります。

 

 

○夫婦間で話し合う!

 

 

検査の結果、二人目不妊と判明した際には、夫婦間でしっかりと話し合いを行うことが重要です。
奥さんは「二人目が絶対に欲しい!」「どんな治療でも受ける」という気持ちであっても、
旦那さんは「こどもは一人居てくれれば十分」「長期間にわたる治療はやめておきたい」というように
夫婦間で意見が食い違っていることはよくあります。

 

夫婦間の意見が一致していなくては、思うように治療を進めることが出来ません
また、治療中に問題が発生してしまうような事にも成りかねません。
そのため、検査結果が出たら、十分に話し合いの時間を設け、二人の意見を一致させておきましょう。

 

 

◆不妊治療には種類があるの?!

 

奥さんと旦那さんの意見が一致すれば、不妊治療を開始していくことになります。
この不妊治療、大きく分けて2種類が存在しています。

 

+2種類の不妊治療+

・検査で分かった原因の治療
・妊娠に繋げていく治療

 

種類が2種類あるとは言っても、この2種類は同時に行われていくことが多くなります。
例えば、排卵障害(検査で分かった原因)がある場合には、ホルモン療法に加え、
タイミング法(妊娠に繋げていく治療)の治療が行われます。
この2種類が同時に行われる(原因を治療し、妊娠に繋げる治療)ことによって、妊娠の確率が上がるのです。

 

 

○妊娠に繋げていくための治療って?

 

実は、妊娠に繋げていくための治療にも、大きく分けて2種類の治療があります。

 

>>妊娠に繋げていくための2種類の治療

・一般不妊治療
・生殖補助医療

 

この2種類の治療があり、この二つの違いは、受精を助ける方法にあります。
では、次にそれぞれについて見ていきます。

 

 

◆一般不妊治療と生殖補助医療

 

 

この2種類の治療には、受精を助ける方法による違いがあるのですが、治療内容も異なっています。
早速、それぞれの治療について、見てみましょう。

 

 

◎一般不妊治療

 

体内での自然な受精を助ける治療のことを、一般不妊治療と言います。
この治療には、タイミング法と人工授精の2種類があります。

 

・タイミング法:一番妊娠しやすいタイミングをアドバイスしてもらう方法です。
・人工授精:旦那さんの精子を、出来るだけ卵子の近くに運んでもらう方法です。

 

この両者の違いは、男性不妊があるかどうかという点になります。
軽度の男性不妊の場合であれば、元気の良い精子を選りすぐり、
卵子までの距離を最短に縮めていく人工授精が最適だとされています。

 

 

◎生殖補助医療

 

体内で自然に受精を行うことが難しい場合、
体外での受精を助ける治療のことを、生殖補助治療と言います。
この治療には、体外受精と、顕微授精があります。

 

・体外受精:この場合、精子は自分の力で卵子の中に入ることになります。
・顕微授精:この場合、人工的に精子を卵子の中に入れることになります。

 

この両者の違いは、身体の外で受精卵を作る際の受精の方法です。
この両者で共通していることとして、受精自体を助ける事は出来ないという点があります。
精子と卵子の出会いの場を設けた後、ちゃんと受精するかどうかというのは、卵子と精子の力次第です。

 

 

◆約8割のカップルは、一般不妊治療で妊娠に成功!

 

よく不妊治療と言えば、体外受精や顕微授精などが取り上げられることが多くなっています。
そのため、不妊治療といえば、そのような方法が多いのだと感じる方もおられるかもしれません。

 

ですが、実際には、不妊治療を行う約8割ものカップルが、
一般不妊治療によって妊娠に成功しているのです。

 

意外な事実だと思いますが、そのようなカップルは多いということを忘れないようにしてくださいね!